カントン包茎手術と他の包茎手術の違いについて

カントン包茎手術と他の包茎手術の違いについて post thumbnail image

包茎手術が必要な状態を確認しよう

一般的に、包茎手術が必要になると考えられている症状は真性とカントンの2つです。
これらの二つの症状になっている場合には、できるだけ早いタイミングで相談をしないと取り返しのつかない事になってしまう可能性が存在します。
内容に関しては、真性にしてもカントンにしても保険が適用される可能性があるという点が注目です。
保険が適用される可能性があるということは、放置していると健康上で問題が生じる可能性があるということです。
反対に、仮性包茎と呼ばれる状態では手術を行う必要がないため本人の自己申告やコンプレックスの観点から治療を行っていくことになります。
カントンが難しいのは、亀頭を圧迫している状態が継続しているという点です。
早期に治療を行わないと該当部分が壊死してしまう可能性も存在しますので、治療を行う際にはその周囲にゆとりを持たせるように直接的に切ったりするような治療が用いられます。
真性包茎の場合にもメスを使った包茎手術はありますが、近年ではメスを使わずに包茎手術を進めていく方法も提案されています。

カントン包茎はより深刻な症状

カントン包茎が深刻なのは、将来的に男性機能の不全をもたらす可能性があるという点です。
真性に関しても、確かに包皮がかぶっている状態に違いはないです。
放置していると、衛生環境が悪化したり健康上のリスクが生じる可能性も存在します。
しかし、患部が壊死するような状態になるわけではありません。
そのため、治療を行う際にもメスを使わずにこの部分だけを綺麗にめくっていて、その状態を改善するという治療が用いることが可能です。
一方で、カントンの場合は包皮口が小さいのでこの部分を包茎手術しないと問題を改善できないという難点が存在します。
ですから、それを広げるために物理的にメスで包茎手術するという処置が必要になることが大半です。
真性もカントンも同じ手術を用いることもありますが状態がひどくなればなるほど、カントンの方がより深刻に考えなくてはならないのでこの点に注意が必要です。
患部を圧迫し過ぎると、血液がいかなくなるので物理的な機能不全を起こすようになります。

まとめ

真性もカントンも、手術が必要な症状に違いありません。
一方で、仮性包茎に関してはこの限りではない現状です。
その人が治療をしたいと考えた時には相談できます。
カントンは治療内容に関しても包皮の部分を改善するための手術が必要になりますので、その観点から内容を精査していく必要があります。
痛みやストレスを感じやすいので、包茎手術のときもそうですが治療後のアフターケアも必要ですので実績や信頼があるクリニックに相談すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おススメ記事

カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの?カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの?

健康保険適応の包茎手術と費用 包茎手術にかかる費用は症例により異なりますが、その判断基準は生活に支障があり現在または将来において被害があるかということが認められれば、保険適用によって手術が行われます。 包茎手術で保険適用 […]

カントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとはカントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとは

カントン包茎は炎症を起こしやすい カントン包茎手術を受けないと、皮膚炎や性病にかかりやすくなります。 包皮が剥けていないと、恥垢などの汚れが溜まりやすいです。 包皮で覆われた部分は特にジメジメと雑菌が繁殖するのに適した環 […]