カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの?

カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの? post thumbnail image

健康保険適応の包茎手術と費用

包茎手術にかかる費用は症例により異なりますが、その判断基準は生活に支障があり現在または将来において被害があるかということが認められれば、保険適用によって手術が行われます。
包茎手術で保険適用される多くのケースではカントン包茎や真性包茎などの状態にはなりますが、一部では重篤な仮性包茎も適応範囲に含まれるのが特徴です。

ポイントは将来的に婚姻関係になった時に性交渉が行えず、子供を作ることに支障があるケースでは認められる場合が多くあります。
性交渉時に勃起しても亀頭が露出せずに、包皮の間隔が不足していて痛みがある場合などです。
このような場合には日常生活でも排尿に支障があったり、放っておくと包皮と亀頭部が癒着するなどの悪化も認められるので、保険適用で病気として治療することが可能なのです。

料金に関しては病院によって検査メニューも変化してきますので開きがあるものの、保険適用で外科手術をしたケースでは3万円から6万円程度が費用になるケースが大半になります。
概算費用は事前に病院の事務で質問しておくといいかもしれません。

カントン包茎の健康保険治療

健康保険の適用が認められる包茎手術は、比較的に症状が重いことが少なくありません。
しかし命に別条があるケースはほとんどなく、適切な外科手術を行うことでほとんどの人が緩和したり治療に至るケースが大半になります。

治療後には勃起をしても痛みがなくなり、パートナーとの性交渉をスムーズに行うことが出来るようになるのです。
愛する人と一緒に子供を育てることが出来るようになるために、積極的に治療を行って良かったと言う声が少なくありません。
もちろん独身者でも包茎手術を行って、痛みを取り除いたり人生の可能性を広げることは推奨されております。

デリケートな部分の症例でありながら、子供を作ることやパートナーとの関係など重要な部分にも波及するのが、包茎に関する悩みなのです。
包茎手術は軽度な仮性包茎から、症状の重いカントン包茎まで症状は個人差があり様々になります。
健康保険適用で手術が可能なケースもあるために、泌尿器科を受診して診察結果を判断基準にすることがおすすめです。

まとめ

包茎手術は美容クリニックでの自費診療から、外科手術の出来る泌尿器科での治療まで症例によって選択肢が異なります。
後者の場合には健康保険の適用が可能なケースが多くあり、日常生活や性交渉に支障をきたしていたり、包皮の癒着や痛みがあるなどの状態を治療目的で外科手術するのです。

自費治療の場合には8万円前後から、施術方法によっては30万円程度になります。
健康保険適用の症例では5万円から10万円程度と考えて構いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おススメ記事

カントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとはカントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとは

カントン包茎は炎症を起こしやすい カントン包茎手術を受けないと、皮膚炎や性病にかかりやすくなります。 包皮が剥けていないと、恥垢などの汚れが溜まりやすいです。 包皮で覆われた部分は特にジメジメと雑菌が繁殖するのに適した環 […]