カントン包茎手術の手術方法を確認しておこう

カントン包茎手術の手術方法を確認しておこう post thumbnail image

カントン包茎の問題点とは

包茎と一言で言っても、いくつか種類があります。
その中でも包茎手術を勧められるのが、カントン包茎です。
カントン包茎とは、包皮先端の口の部分が狭いため亀頭を露出させようとすることで亀頭や陰茎を締め付けてしまう包茎になります。

放っておくと激しい痛みが伴うだけではなく、包皮がドーナツ状に大きく腫れ上がってしまいます。
腫れを放置したままだと、腫れがひどくなってしまい最悪の場合亀頭が壊死します。
亀頭が壊死するとお男性機能も失われます。

このような分かりやすい症状だけではなく、平常時や勃起時にも痛みはないけれど、長時間亀頭を露出していると包皮がドーナツ状に少しずつ腫れ上がるという、隠れたカントン包茎タイプというのもあるため注意が必要です。

汚れが溜まりやすく悪臭になりやすい、痒みや赤みの原因になったり、早漏になることもあるほか、痛むことも多い症状ですので、できるだけ包茎手術を早急に行うことが求められます。

カントン包茎を治す包茎手術

カントン包茎を改善する場合には、包茎手術を行なって改善するのが一般的です。
行われる包茎手術の方法は、亀頭直下埋没法などが行われています。
亀頭直下埋没法は現在包茎クリニックなどで主流となっている方法です。

包茎手術には様々な種類がありますが、この亀頭直下埋没法は余剰包皮を切除して縫合するというやり方で、傷跡が目立ちにくく包茎手術をしたことが分かりにくいというのがメリットです。
ただし、カントン包茎であっても保険適用されないため費用が高くなってしまうため注意が必要です。

保険適用でできるだけ安く包茎手術を行いたい場合には、泌尿器科を受診します。
余分な包皮を輪っか状に切除して縫い合わせる環状切開法という方法が行われます。
この方法はあくまでも包茎を治すことを目的にしているため、見た目などは重視されないため注意します。
はっきり手術痕が残ってしまう可能性があります。

それぞれメリット・デメリットがあるため、それを考慮した上で選ぶことがポイントです。

まとめ

カントン包茎を治す場合には、様々な包茎手術の選択肢があります。
しかし、それぞれにメリット・デメリットがあるため、それを考えた上でえらぶようにします。

治療費だけを重視するのであれば保険適用される泌尿器科を選び、見た目を整えることも意識するのであれば包茎クリニックを選ぶと無難です。

包茎手術は自由診療となっているため、カントン包茎の治療であっても高額になりがちです。
そのため分割払いや医療ローンなどがしようできるクリニックを選ぶのも良いとされています。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おススメ記事

カントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとはカントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとは

カントン包茎は炎症を起こしやすい カントン包茎手術を受けないと、皮膚炎や性病にかかりやすくなります。 包皮が剥けていないと、恥垢などの汚れが溜まりやすいです。 包皮で覆われた部分は特にジメジメと雑菌が繁殖するのに適した環 […]

カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの?カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの?

健康保険適応の包茎手術と費用 包茎手術にかかる費用は症例により異なりますが、その判断基準は生活に支障があり現在または将来において被害があるかということが認められれば、保険適用によって手術が行われます。 包茎手術で保険適用 […]