カントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとは

カントン包茎手術を受けなかった場合のデメリットとは post thumbnail image

カントン包茎は炎症を起こしやすい

カントン包茎手術を受けないと、皮膚炎や性病にかかりやすくなります。
包皮が剥けていないと、恥垢などの汚れが溜まりやすいです。
包皮で覆われた部分は特にジメジメと雑菌が繁殖するのに適した環境なので、常に清潔にしなければなりません。
しかしカントン包茎は非常に洗いにくいので、汚れを長期間溜め込むことになり亀頭包皮炎や性病の危険性を高めます。
仮性包茎であれば洗う時だけ自分で剥くことができますが、カントン包茎は強い痛みで剥けません。
痛みを我慢できても、無理に剥いてドーナツ状の腫れを作ると対処が大変です。
包茎手術を受けずに不衛生なまま性行為をすると、パートナーに性病をうつしてしまうこともあります。
大抵の皮膚炎は陰部を清潔にすることで対策できますが、カントン包茎では清潔にしようとする際に炎症を起こすので適切な対策を取れません。
包茎手術を受けないと臭いや見た目以上の深刻な健康被害が及びます。

包茎手術を受けないと壊死する危険性もある

包茎手術を受けずに放置したカントン包茎は、時に陰部の壊死をもたらすことがあります。
カントン包茎は包皮口が非常に狭く、血管やリンパ管が圧迫されています。
体の巡りに異常をもたらすことで、陰茎が通常とは全く別の形状になります。
循環障害ではまず陰茎の水分調整が上手く行かないので、全体的にむくみます。
そしてカントン包茎による締めつけ部分と亀頭の粘膜がより大きく膨らみます。
場合によってはこの膨張は小さめのみかんサイズになります。
この状態の陰茎を自分で治すことはできません。
恥ずかしいからと放置すると、循環障害がますます悪化し血液や栄養が供給されずに壊死します。
陰茎の締めつけがいつもより強くなった場合は、すぐに病院に行かなければなりません。
そもそも包茎手術を受けてカントン包茎を改善していれば循環障害に陥ることはないので、壊死する寸前まで放置するより早めにクリニックに相談するのが良いです。

まとめ

カントン包茎は放置すると危険なので包茎手術を受けるのをおすすめします。
包茎でない人より亀頭包皮炎や性病の危険性が高く、衛生的ではありません。
炎症を繰り返すことで皮膚が硬くなると、真性包茎に悪化することもあります。
締めつけが強くなったカントン包茎はさらに注意が必要です。
放置することで循環障害を引き起こし、最悪の場合陰部が壊死します。
包茎手術を受ければこれらの不安から解放されるので、早いうちに対処しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おススメ記事

カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの?カントン包茎手術の料金はどれくらい?健康保険は適用されるの?

健康保険適応の包茎手術と費用 包茎手術にかかる費用は症例により異なりますが、その判断基準は生活に支障があり現在または将来において被害があるかということが認められれば、保険適用によって手術が行われます。 包茎手術で保険適用 […]